読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲斐犬サンのゴボウのシッポ

甲斐犬サン(妹)と飼い主(ネェネ)、そして夫(オット)の生活。

ネェネの心中……(´;Д;`)

おはようございます、甲斐犬サンのブログのはずがネェネの愚痴を綴るブログになってしまいました。

心中整理のため、ご不快な方は読み飛ばしてくださいm(_ _)m。


ネェネ、お仕事柄、生きているものにはそれぞれ役割を与えることが生きていく上で大切だと思っています。

それは家庭内でも同じこと。

長年、妻という役割は(不十分ながら)担ってきましたが、コウノトリは訪れず母という役割は果たせないまま、それが元で心のバランスが崩れかけていたことがあります。


甲斐犬サンはハハのペットロスに対してウチヘ迎えたワンコで、以前からアニマルセラピーに興味のあったネェネはハハの立ち直りを目の当たりにしました。

また現在は自分の心のバランスも「サンのネェネ」という役割を果たすことで自分自身の安定に繋がっていることは間違いありません。


だからこそ、今度はサンに役割を与えてやりたい。

私達家族を癒すだけでなく、サンの持てる本当のちからを引き出してやりたい。

猟犬ならば猟に自分の役割を見出すけれど、ネェネには猟は無理です。

一緒に暮らすワンコが1週間いなくなることを考えただけでウツウツするネェネに銃を打つ資格はありません。

甲斐犬サンには、ネェネのような自分に自信がないワンコになって欲しくはない。


それに役割を与えることで、認知面も維持できるというデータもあります。

このまま、ウン十年先も元気で一緒に暮らし続けるには適度な緊張感とリラックスが必要なのです。

そのためにはセラピードッグはサンにとってもベストなお仕事。

そして1週間のお預かりトレーニングも必要だよね。

お願い、誰かネェネの背中を思いっきり押し倒してやってください。


今日はネェネの頭の整理にお付き合いくださいましてありがとうございます(´;Д;`)。