読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲斐犬サンのゴボウのシッポ

甲斐犬サン(妹)と飼い主(ネェネ)、そして夫(オット)の生活。

甲斐犬サン、程よい運動量とは (='A`ฅ)

おはようございます、甲斐犬サンと昨日は強行軍で歩きまくったネェネのブログです。


ネェネ、録画してボチボチ観ている番組があるのです。

番組名はずばり、

ザ・カリスマドッグトレーナー~犬の気持ちわかります~』

です。今年の春あたりに録画したもので、ちょこちょこと観続けています。

カリスマドッグトレーナーのシーザー・ミラン (Cesar Millan) は、アメリカの動物行動学者で、

「犬をリハビリし、飼い主を訓練する」

と述べ、問題犬の原因は飼い主の行動だとして施設収容されているワンコをリハビリして譲渡希望者を3日ほどにわたり訓練して選択して譲る、という番組。


昨日はジャーマンシェパードでした。

「この犬種は、常にチャレンジさせねばならない。そして仕事を与えないといけない。」


……ネェネ、目からウロコ。

わかっちゃいるつもりでしたが、実行していなかった時点でわかっていなかったかも。


今朝はいつもの散歩コースを辞めて、近所の公園へ行きました。

ロングリードでフリスビーしたり、子供用遊具で遊んだり(日の出前なので、遊んでる子供はいません。ホームレスのおじさまは東屋にいましたが)。

20分走らせて、10分くらい歩いて帰って来ました。


家に帰って、再びふかふか布団の上で熟睡するサン。

キミのチャレンジはフリスビーを一回で取れるようになること、仕事は思いっきり走り回ることだよ!

f:id:drunkard_kim:20161114080655j:plain